Compatibility

市場にはいろいろなスキーブーツ規格があります。すなわち、タイプA - アダルト(ISO 5355)、タイプC - チルドレン(ISO 5355)、タイプT - ツーリング(ISO 9523)、さらには、ISO 9523内にGripWalkとWalk To Rideといったスキーブーツ。どのスキーブーツがどのビィンディングと適合するのか、わけが分からなくなりがちです。  
標準アルペンスキービィンディングは、スキーブーツ・タイプA - アダルト(ISO 5355)にしか適合しません。アルペン(ISO 5355)以外のスキーブーツ規格に適合するTYROLIAビィンディングには、製品名または製品上に表示/マーキングがあります。  

タイプA(アダルト)

"ISO 5355規格に準拠したアルペン・アダルト・スキーブーツ向け。製品名にそれ以上の表示がないビィンディング・モデル。ブーツソール厚に合わせたさらなる調整は不要。 "  
何の表示もないビィンディング  

タイプAC(アダルト/チルドレン)

(Adult/Children)
ISO 5355規格に準拠したスキーブーツ向け。こうしたビィンディングは、アダルト・アルペンスキーブーツとチルドレン・スキーブーツの両方に適合します。ブーツソール厚に合わせたさらなる調整は不要。    
製品名にACが入っているビィンディング  

GW - GripWalk

このタイプのビィンディングは、製品名とビィンディング上に「GW」と表記されています。スキーブーツ・タイプA - アルペン(ISO 5355)およびGripWalkスキーブーツ(ISO 9523の一部)向け。 一部のビィンディングは、ブーツソール厚に合わせた高さ調整が必要となります。最適の高さはブーツハイト・アジャストメントテスターでテストすべきです。    
製品名にGW、ビィンディングにGripWalkロゴが入っているビィンディング。  

MBS

マルチ・ブーツ・スタンダード
ビィンディングは、製品名とビィンディング上に「MBS」と表記されています。スキーブーツ・タイプA - アルペン(ISO 5355)およびGripWalkスキーブーツおよびWalk Sole/Walk To Rideスキーブーツ(ISO 9523の一部)向け。  

AT

アルペン/ツーリング
ATと表示されたビィンディングは、スキーブーツ・タイプA - アルペン(ISO 5355)、および、GripWalk、Walk Soe、Walk To Rideスキーブーツを含むすべてのタイプT - ツーリングスキーブーツに適合します。 AFDの高さをスキーブーツ・ソール厚に合わせて調整する必要があります。最適の高さはブーツハイト・アジャストメントテスターでテストすべきです。